レム睡眠とノンレム睡眠を知って、快適な睡眠を手に入れよう

人間の3大欲求の中にもはいってくるくらい、人間にとって、睡眠はすごく重要ですよね。みなさんは、日々十分な睡眠がとれていますか?仕事のストレスのあまり眠れない、残業で寝る時間がない、子供が夜泣きをするから眠れないなど、毎日十分な睡眠をとりたくてもとれていない人も少なくないかもしれません。そこで、あなたも今回レム睡眠とノンレム睡眠の違いを知って睡眠の改善をしてみませんか。

レム睡眠とは?
レム睡眠とは身体は深く休んでいるのに、脳が活発に起きている状態で、浅い眠りのことです。眼球が動いているとレム睡眠状態といえます。脳は動いているので、夢をよくみることがあります。夢を覚えているとレム睡眠をしているということです。トイレに行きたくなる時、物事で目が覚めやすい時は、レム睡眠の状態といえるでしょう。レム睡眠は通常10-20分程度で、ノンレム睡眠に変わります。疲れて金縛りにあったりするときなどはレム睡眠の状態であるといえます。草食動物はレム睡眠のみをするといわれています。野生動物もノンレム睡眠を行うこともありますが、このように長い時間連続して眠るのは人間のみといわれています。それは人間が脳を使う動物だからって知っていましたか?

ノンレム睡眠とはなに?
ノンレム睡眠とは、脳も身体も休んでいて深い眠りについている状態のことをいいます。夢もあまり見ることはなく、見たとしてもあまりはっきり覚えていないでしょう。レム睡眠と違って体は休んだ状態でも筋肉は働いています。ノンレム状態の時はストレスを消去してくれますし、ホルモンの分泌もこの時に行われます。居眠りのほとんどがノンレム睡眠といわれています。 

レム睡眠とノンレム睡眠の上手な組み合わせを知ろう
では、わたしはレム睡眠?ノンレム睡眠なの?と思いがちですが、通常、人間はレム睡眠とノンレム睡眠をうまく組み合わせて睡眠をしています。人それぞれですが、一般的に人が床に入り、10分程度で入眠に入ります、入眠に入った直後はノンレム睡眠をし、ノンレム睡眠の深さ四段階をへてレム睡眠に戻ります。このノンレム睡眠とレム睡眠の間が90分周期でそれを4,5回繰り返すといわれています。ちょうどレム睡眠で目覚めると快適な目覚めができるということです。

睡眠のゴールデンタイム?!
睡眠のゴールデンタイムとは、22時から2時といわれています。この時間に寝ると、①健康②美容③ダイエット効果にもつながるのです。美容、健康、ダイエットのためにも睡眠をしっかりとってみませんか。

自分の睡眠の周期を知って快適な睡眠をとろう
自分の睡眠周期を知ることで自分にとって快適な目覚めを知ることができるのです。そして自分に合った睡眠時間の設定にやくだててみませんか?今は携帯のアプリで自分の周期をはかれる時代です。周期をはかれる装置も売っています。自分にとって十分な睡眠をしっかりとって、美しく、健康になって痩せるなら、一石二鳥ですよね。
早漏の対策

メラトニンを知って快適な睡眠をしよう

最近よく眠れていますか?睡眠不足で一人で悩んではいませんか?
あなたは仕事や育児などのストレスを抱え込んで睡眠不足になっていませんか?
メラトニンのことを知ってるだけで、あなたも毎日ぐっすり眠れるようになるかもしれません。

(メラトニンとは?)
メラトニンとは、自然な眠りを誘う作用がある分泌されるホルモンのことです。眠気を誘
うホルモンであり、生活リズムに併せて睡眠周期を調整する重要な役割をしています。夜の間
にメラトニンは、分泌されます。しかし、メラトニンは年を取るごとに減少していきます。
昔眠れていたのに、高齢になるにつれて寝つきが悪い、眠れなくなったとよく聞くのはそのためです。

(メラトニンはどうやって作られるの?)
さて、その睡眠に重要なメラトニンはどうして作られるのでしょう。3段階をへてメラト
ニンは、作り出されます。まず、
必須アミノ酸であるトリプロファンが脳内物質であるセロトニンを作り出します。
セロトニンが分泌量を増やして分解されることで睡眠ホルモンであるメラトニンが増やさ
れるのです。

(メラトニンを増やすためのセロトニンはどうしたら得られるの?)
セロトニンを増やすには太陽の光を浴び、適度な運動をし、バランスのとれた食事をする
ことです。セロトニンは幸せ物質とも呼ばれるくらい、心を穏やかにし、
自然に睡眠を誘う働きをする作用があります。日射量が少ない北欧の冬では、
うつ病患者が多いと言われています。

(メラトニンを直接摂取できるの?)
メラトニンは、ケールやアメリカンチェリー、トウモロコシ、米、カイワレ大根、バナナを食べることで
摂取することができます。ケールというのは青汁の定番で、野菜の王様と言われています。
しかし、残念ながら、これらの食品だけでは、不眠を改善するほどの十分なメラトニンを摂取できません。
では一体どうしたらいいのでしょうか?メラトニンを生成される材料であるトリプトファンを摂取すればいいのです。
牛乳、チーズなどの乳製品、納豆などの豆類、白米などの穀類や肉類を食べることでトリプトファン
を取り入れ、メラトニンが生成されるのです。

(眠りに導くメラトニンの分泌をスムーズにするにはどうしたらいいの?)
メラトニン分泌をスムーズにさせるには大きく分けて3つ方法があります。1つ目は、
メラトニンは、強い光の下では、分泌されにくいという特徴を持っているため、
9時以降、なるべく電子機器を見たり、触ったりするのは避けたほうがいいです。
とはいっても、残業で帰ってきて、テレビやパソコンや携帯を見てリラックスもしたいのは当たり前ですよね。
せめて寝る一時間前は、オレンジ色などの暖色照明に切り替えてみてはどうでしょうか。
落ち着いた雰囲気になり、寝るモードに頭が切り替わるかもしれません。
2つ目は、起きる時間を固定することが大切です。休みの日も寝だめするのではなく仕事している日と
なるべく同じ時間に起きることが重要です。3つ目の方法は、メラトニンのもとになるセロトニンを増やすことです。
先ほども述べたように、セロトニンを増やすには、栄養バランスが取れた食事、適度な運動、太陽の光を
あびることを心がけるといいでしょう。こうしたことを意識するだけでぐっすり眠ることが出来るなら、
試してみる価値もありますね。ぐっすり眠って快適な朝を迎えられるといいですね。
そしてぐっすりとした眠りにつき快適な朝を迎えましょう。マルラオイルのおすすめ

漢方薬と西洋薬の違いとは?

病気や体調不良の時には、病院で薬を処方してもらうことがありますが、多くは「西洋薬」と言われる薬です。その中でも漢方薬を処方してもらった経験がある人も少なからずいるでしょう。医師や薬剤師からの説明は飲み方や効果についてがほとんどで、はっきりした違いを理解して服用している人は少ないのではないでしょうか。そこで今回は、漢方薬と西洋薬との違いについて紹介します。

【漢方薬とは?】
漢方は日本でも古来から存在していましたが、中国(漢)で発達し、日本に渡来して独自の発展をしてきた伝統医学です。患者自身の自覚症状を重視し、病気を体全体の不調和ととらえて正しく整えるために処方され、自然治癒力を高めることに重点を置いて使用されます。治療に利用される漢方薬は、数種類の生薬(自然物)を配合したものを指し、単独のものは漢方薬とは呼びません。

【漢方薬と西洋薬の違い】
漢方薬と西洋薬は、それぞれに異なった特徴を持ちます。正しい理解を持って適切に使用するようにしましょう。

〔西洋薬〕
西洋薬は有効成分が単一で、切れ味が鋭く、一つの症状や病気に対して強い効果を発揮します。速効性があり、効き目が強いので、とにかく症状を緩和したいという人には西洋薬の方が優れていると感じるでしょう。しかし、効き目が強く出過ぎて副作用が現れることもありますし、あくまで症状を抑えただけで根本的な解決にはなっていないこともあります。基本的に西洋薬は、病気の原因を探るために様々な検査をした結果、病名を決めてから選ばれます。同じ病名の人には同じ薬が用いられ、病名が分からない場合や分かっても治療薬が無いこともあります。薬の形状は様々で、シロップや錠剤、粉、座薬など様々な形態があり、飲みやすさにもこだわって作られています。

〔漢方薬〕
漢方薬は、複数の生薬を組み合わせた薬ですので、それぞれの生薬が持つ有効成分を一気に発揮することが出来ます。したがって、漢方は複数の病気や症状に対する治療に有効と考えられ、慢性的な病気や全身的な病気の治療などに利用され、根本的な症状の治癒に役立ちます。多彩な症状にマイルドな作用を現し、遅効性のものが多いですが、比較的副作用は少ないと言われます。漢方では、「四診」により患者さんの体質と症状を判断して、その人に合った漢方薬が処方されるという特徴があります。「四診」とは、目・舌・爪・顔の色や体型を目で見る「望診」、声の張りや喉から出る呼吸音を聞いたり、痰や排泄物、口臭、呼気臭などを嗅いだりする「聞診」、患者さんに質問をして現在の症状や体質などを尋ねる「問診」、患者の体に触れて脈を測ったり、お腹を押したりする「切診」のことを言います。漢方では、違う病気に対しても、体質や症状が似ていれば同じ漢方薬が処方されることもありますし、同じ病名でも同じ漢方薬が処方されるとは限りません。また、原因不明の頭痛やめまい、不眠などの症状を和らげることが出来るため、更年期障害への効果もあると言われています。
メンズスキンケア

ノコギリヤシの効果について 抜け毛や尿トラブルにも!?

<ノコギリヤシの効果>
ノコギリヤシとは北米から南東部にかけて自生するヤシ科の植物です。果実から抽出された成分が男性に起こるさまざまなトラブルを改善するとして多くの薬やサプリメントに使われています。
・前立腺肥大を抑える効果
ノコギリヤシに期待できるのは“前立腺肥大を抑える効果”です。前立腺とは生殖器の一つで、膀胱の真下にあります。この前立腺が加齢による男性ホルモンの乱れなどで肥大し、膀胱を圧迫することから頻尿などの尿トラブルを引き起こします。50代の男性では2人に1人、60代からは約9割の人がこの前立腺肥大の状態にあると言われています。ノコギリヤシにはこの前立腺の肥大を引き起こす原因を抑える働きがあり、尿トラブルを改善するサプリメントなどに配合されています。
・抜け毛や薄毛を抑える効果
抜け毛や薄毛などの問題を引き起こしているのも、実は前立腺の肥大を引き起こしている成分と同じなんです。つまり、ノコギリヤシの成分を摂取することで尿トラブルだけではなく髪のトラブルを改善する効果も期待できます。
ホルモン治療などの他の治療でも症状は緩和されますが、性欲の減退や目まい・倦怠感などの副作用が起こりやすいため副作用の出にくいノコギリヤシが多く治療や改善に使われています。
<女性が使っても効果あり?>
ノコギリヤシは男性ホルモンを抑制する働きをすることも確認されています。年齢を重ねるにつれて女性ホルモンが減り、男性ホルモンが増え始めると抜け毛などが目立つようになりますが、ノコギリヤシを摂取することでホルモンバランスが整い症状の緩和が期待できます。ただしホルモンに作用する成分ですので妊娠の可能性がある期間や妊娠中、授乳中などは服用を避けましょう。
<気になる症状がある人はサプリをチェックしてみよう>
ノコギリヤシを使ったサプリはドラッグストアなどでも簡単に手に入ります。尿トラブルが気になる、抜け毛が多い、それらを予防したいという人はぜひ試してみてくださいね。美容マスクの種類とおすすめアイテムについて