メラトニンを知って快適な睡眠をしよう

最近よく眠れていますか?睡眠不足で一人で悩んではいませんか?
あなたは仕事や育児などのストレスを抱え込んで睡眠不足になっていませんか?
メラトニンのことを知ってるだけで、あなたも毎日ぐっすり眠れるようになるかもしれません。

(メラトニンとは?)
メラトニンとは、自然な眠りを誘う作用がある分泌されるホルモンのことです。眠気を誘
うホルモンであり、生活リズムに併せて睡眠周期を調整する重要な役割をしています。夜の間
にメラトニンは、分泌されます。しかし、メラトニンは年を取るごとに減少していきます。
昔眠れていたのに、高齢になるにつれて寝つきが悪い、眠れなくなったとよく聞くのはそのためです。

(メラトニンはどうやって作られるの?)
さて、その睡眠に重要なメラトニンはどうして作られるのでしょう。3段階をへてメラト
ニンは、作り出されます。まず、
必須アミノ酸であるトリプロファンが脳内物質であるセロトニンを作り出します。
セロトニンが分泌量を増やして分解されることで睡眠ホルモンであるメラトニンが増やさ
れるのです。

(メラトニンを増やすためのセロトニンはどうしたら得られるの?)
セロトニンを増やすには太陽の光を浴び、適度な運動をし、バランスのとれた食事をする
ことです。セロトニンは幸せ物質とも呼ばれるくらい、心を穏やかにし、
自然に睡眠を誘う働きをする作用があります。日射量が少ない北欧の冬では、
うつ病患者が多いと言われています。

(メラトニンを直接摂取できるの?)
メラトニンは、ケールやアメリカンチェリー、トウモロコシ、米、カイワレ大根、バナナを食べることで
摂取することができます。ケールというのは青汁の定番で、野菜の王様と言われています。
しかし、残念ながら、これらの食品だけでは、不眠を改善するほどの十分なメラトニンを摂取できません。
では一体どうしたらいいのでしょうか?メラトニンを生成される材料であるトリプトファンを摂取すればいいのです。
牛乳、チーズなどの乳製品、納豆などの豆類、白米などの穀類や肉類を食べることでトリプトファン
を取り入れ、メラトニンが生成されるのです。

(眠りに導くメラトニンの分泌をスムーズにするにはどうしたらいいの?)
メラトニン分泌をスムーズにさせるには大きく分けて3つ方法があります。1つ目は、
メラトニンは、強い光の下では、分泌されにくいという特徴を持っているため、
9時以降、なるべく電子機器を見たり、触ったりするのは避けたほうがいいです。
とはいっても、残業で帰ってきて、テレビやパソコンや携帯を見てリラックスもしたいのは当たり前ですよね。
せめて寝る一時間前は、オレンジ色などの暖色照明に切り替えてみてはどうでしょうか。
落ち着いた雰囲気になり、寝るモードに頭が切り替わるかもしれません。
2つ目は、起きる時間を固定することが大切です。休みの日も寝だめするのではなく仕事している日と
なるべく同じ時間に起きることが重要です。3つ目の方法は、メラトニンのもとになるセロトニンを増やすことです。
先ほども述べたように、セロトニンを増やすには、栄養バランスが取れた食事、適度な運動、太陽の光を
あびることを心がけるといいでしょう。こうしたことを意識するだけでぐっすり眠ることが出来るなら、
試してみる価値もありますね。ぐっすり眠って快適な朝を迎えられるといいですね。
そしてぐっすりとした眠りにつき快適な朝を迎えましょう。マルラオイルのおすすめ