レム睡眠とノンレム睡眠を知って、快適な睡眠を手に入れよう

人間の3大欲求の中にもはいってくるくらい、人間にとって、睡眠はすごく重要ですよね。みなさんは、日々十分な睡眠がとれていますか?仕事のストレスのあまり眠れない、残業で寝る時間がない、子供が夜泣きをするから眠れないなど、毎日十分な睡眠をとりたくてもとれていない人も少なくないかもしれません。そこで、あなたも今回レム睡眠とノンレム睡眠の違いを知って睡眠の改善をしてみませんか。

レム睡眠とは?
レム睡眠とは身体は深く休んでいるのに、脳が活発に起きている状態で、浅い眠りのことです。眼球が動いているとレム睡眠状態といえます。脳は動いているので、夢をよくみることがあります。夢を覚えているとレム睡眠をしているということです。トイレに行きたくなる時、物事で目が覚めやすい時は、レム睡眠の状態といえるでしょう。レム睡眠は通常10-20分程度で、ノンレム睡眠に変わります。疲れて金縛りにあったりするときなどはレム睡眠の状態であるといえます。草食動物はレム睡眠のみをするといわれています。野生動物もノンレム睡眠を行うこともありますが、このように長い時間連続して眠るのは人間のみといわれています。それは人間が脳を使う動物だからって知っていましたか?

ノンレム睡眠とはなに?
ノンレム睡眠とは、脳も身体も休んでいて深い眠りについている状態のことをいいます。夢もあまり見ることはなく、見たとしてもあまりはっきり覚えていないでしょう。レム睡眠と違って体は休んだ状態でも筋肉は働いています。ノンレム状態の時はストレスを消去してくれますし、ホルモンの分泌もこの時に行われます。居眠りのほとんどがノンレム睡眠といわれています。 

レム睡眠とノンレム睡眠の上手な組み合わせを知ろう
では、わたしはレム睡眠?ノンレム睡眠なの?と思いがちですが、通常、人間はレム睡眠とノンレム睡眠をうまく組み合わせて睡眠をしています。人それぞれですが、一般的に人が床に入り、10分程度で入眠に入ります、入眠に入った直後はノンレム睡眠をし、ノンレム睡眠の深さ四段階をへてレム睡眠に戻ります。このノンレム睡眠とレム睡眠の間が90分周期でそれを4,5回繰り返すといわれています。ちょうどレム睡眠で目覚めると快適な目覚めができるということです。

睡眠のゴールデンタイム?!
睡眠のゴールデンタイムとは、22時から2時といわれています。この時間に寝ると、①健康②美容③ダイエット効果にもつながるのです。美容、健康、ダイエットのためにも睡眠をしっかりとってみませんか。

自分の睡眠の周期を知って快適な睡眠をとろう
自分の睡眠周期を知ることで自分にとって快適な目覚めを知ることができるのです。そして自分に合った睡眠時間の設定にやくだててみませんか?今は携帯のアプリで自分の周期をはかれる時代です。周期をはかれる装置も売っています。自分にとって十分な睡眠をしっかりとって、美しく、健康になって痩せるなら、一石二鳥ですよね。
早漏の対策